Monthly Archive: 2019-June

ジルテック

ジルテックはいくらする?購入方法は?...

花粉症などの対策のために初期に開発された抗ヒスタミン薬は「第一世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれていて、強い眠気などのいくつか問題点がありました。 その後眠気などの問題点を抑制した薬が開発されていて、この抗ヒスタミン薬を「第二世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれています。 ジルテック(セチリジン)は「第二世代抗ヒスタミン薬」でジルテックの錠剤を服用した後、約1.4時間後に薬物濃度がピークになり半減期、つまり薬の濃度が半分になる時間は約7時間になります。 このように速く長く効力を示すことができる薬で、幅広い世代の人が花粉症対策などに利用しています。 子どもも使用することができ2歳から服用することが可能です。 たとえ連続で服用しても蓄積性があまりない薬なので、アトピー性皮膚炎の子どもが長期間服用したとしても精神運動発達などに影響を及ぼさないようになっています。 ヒスタミン以外にアレルギーを起こす物質は多く存在していて、ジルテックはいろいろなアレルギーを起こす物質である「ケミカルメディエーター」の放出を抑制したり、アレルギー症状を抑えることができるでしょう。 アレルギーが関係する疾患に対し素早く対応することができ、強力に抑えることができるのがこのジルテック(セチリジン)です。 ヒスタミンがヒスタミン受容体と呼ばれている部分に作用した場合アレルギー症状が起こりますが、そこでこの受容体を阻害するとヒスタミンによって起こされていたアレルギー反応が収まる仕組みになっています。 アレルギーなどの誘発に関係するヒスタミンを阻止することによって、アレルギー疾患を治療することが可能です。 病院に処方してもらうこともできますが、最近ではインターネット通販を利用すると比較的安価な価格で購入することができます。 いろいろな薬剤サイトが存在するので、比較検討してみると自分のライフスタイルにマッチした薬剤サイトを見つけることができるでしょう。 ジルテックは子どもも服用してもいいの? ジルテックは錠剤とドライシロップの2種類があります。 ドライシロップは粉薬の一種で水に溶かし液体にしてから飲むことができたり、そのまま粉薬として服用することも可能です。 通常糖類などで甘く味がつけられているので、錠剤が苦手な子どもに飲みやすくなっています。 成分や効き目は同じで対象年齢や服用しやすいので患者の年齢や嗜好に合わせて処方されます。 錠剤は7歳以上から服用することができ、ドライシロップは2歳以上から服用することが可能です。 15歳未満の子どもの場合1日2回朝食後と就寝前に服用し、2歳以上7歳未満と7歳以上15歳未満は1回に使用する量が違うので医師の指示を守って使用しましょう。 大人の場合1日1回就寝前に使用するので、子どもと服用量やタイミングなどが異なるので注意が必要です。 ドライシロップの特徴の一つとして飲みやすいイチゴ味になっています。 ドライシロップの中には苦いものがあるのでジュースや服薬補助ゼリーなどと一緒に飲ませることがあります。 ジルテックドライシロップの場合は水以外で飲むことをすすめていないので粉末のままで飲むことはやめ水に溶かしてから服用しましょう。 1gあたり10ml水に溶かすのが良く効力を発揮することが可能です。 眠気を引き起こすこともありますが次第に緩和されていきます。… Read more