Monthly Archive: 2019-August

アレロックはいくらする?購入方法は?...

アレロックはオロパタジンを有効成分としている第二世代の抗ヒスタミン薬です。 この薬はアレルギー性鼻炎や花粉症による鼻水や鼻詰まりの症状によく効くので、入手して使用したいと考えている人も多いでしょう。 では、アレロックを購入したい場合にはどんな方法で入手することができるのでしょう。 薬を購入する場合には、病院を受診して処方箋を書いてもらい薬局で処方してもらうか、ドラッグストアやインターネット通販などで購入することになります。 しかし、アレロックは医療用の医薬品であるため、市販薬が存在しません。 そのため、この薬は処方箋なしにドラッグストアで購入することはできません。 この薬を購入したいと考えているのであれば、基本的には病院を受診して処方箋を書いてもらうということになります。 ですが、アレロックをインターネット通販を利用して購入するという別の方法もあります。 こちらは、医療用医薬品の個人輸入を行っている会社を通して薬を個人で海外から薬を輸入するという方法です。 この方法であれば処方箋が必要なく、病院で処方してもらうのと同じ成分の薬を購入することができます。 では、アレロックを購入するときの価格についてはどうなっているのでしょう。 病院で処方箋を書いてもらい、薬局で薬を処方してもらう場合には、薬価というものが定められています。 アレロックは保険適用となる医薬品であるため、薬価はどの病院を受診しても、どの薬局から処方してもらっても変わりありません。 この場合のアレロックの購入価格は、有効成分の用量によって異なります。 アレロック錠2.5は1錠あたり40.4円、アレロック錠5は1錠あたり51.5円です。 もし病院でこの薬を処方してもらうとすると、2週間分であれば、アレロック錠2.5の場合には56錠でおよそ2200円ほど、アレロック錠5の場合には28錠でおよそ1400円ほどになります。 個人輸入でアレロックを購入する場合には、ジェネリック医薬品も存在しているので、それよりも安く購入することができます。 この場合、5mgのものであれば100錠入りで3000円くらいの価格になります。 つまり、薬1錠あたりの単価はおよそ30円ほどになっています。 アレロックは蕁麻疹にも効果あり? アレロックは、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状によく効く薬ですが、そのほかにも蕁麻疹にも有効だとされています。 この薬の有効成分であるオロパタジンは、花粉症やアレルギー性鼻炎の原因となるヒスタミンという物質の働きを抑える成分ですが、蕁麻疹にもこのヒスタミンという物質が関係しているためです。 ヒスタミンは、通常は身体のあちこちにある肥満細胞のなかなどに蓄積されています。 身体のなかに異物が入ってきたり、なんらかの刺激を受けるとこのヒスタミンが放出されて、炎症やかゆみなどの症状を引き起こすのです。 蕁麻疹が起きる原因にはいくつかあり、食事が原因となったり、何かに接触したりすることで症状が現れます。… Read more